歯医者で出来るインプラント治療|名医にかかれば歯もGENKI

歯科

最良の方法で治療をする

インプラントという治療法

白い歯

義歯治療には様々な方法があります。従来であれば入れ歯やブリッジといった方法が一般的でしたが、最近ではインプラント治療も注目を集めています。インプラントでは、歯根となる金属を直接顎骨に埋め込みます。周囲の歯に取り付ける従来の義歯とは違い、安定感があるのが大きな特徴です。やがて顎骨に埋め込んだ金属は骨と結着するため、しっかりと噛みしめることができ、食事を楽しむことができるのもインプラントの大きなメリットです。 インプラントでは外科手術が必要なため、心疾患や糖尿病などの全身疾患がある方の場合は手術が受けられないこともあります。また顎骨の状態や歯肉の状態によっては、インプラント手術の前に適切な状態とするために治療が必要となることもありますが、治療後の不具合が少ないこともあり、注目の治療法のひとつとなっています。

多くの歯科医院で治療が可能

日本ではじめてインプラントの手術が行われたのは1980年代のことでしたが、その後広く普及するためには非常に長い年月がかかりました。とはいえ、最近では街中の歯科医院でもインプラント治療を利用できるクリニックが増えているため、お近くの歯科医院で治療が可能なケースも多いでしょう。一方で、インプラントでは外科手術が必要なため、医師にもある程度の技量や経験が必要です。医師の技量を確認するためにはホームページに掲載されている経歴やそのクリニックにおける症例などを見ることも効果的ですが、最終的には対面した時の印象も重要です。 インプラントは治療後の見た目が美しいことから審美歯科でも広く利用されています。特に審美面を重視したという方だけでなく、症例数の多い医師が集まっていることもあるため、審美歯科を受診するという方法もあります。